まだまだ現役かもな農機具も買取へ|トラクター利用や剪定の必要

トラクターの評価

20年以上前のものでも買取

農作業に欠かすことが出来ないもののひとつにトラクターがあります。トラクターの性能は格段に進歩していますので、そう壊れるものではなく長年愛用される方も多いようです。裏を返せば中古品でも価値が落ちないと言うことです。そのため、中古トラクター市場は大きく、需要もあります。大手オークションサイトでも中古トラクターが売買されているほどです。自動車と違って、何年製かという点は重要ではないようです。ただ走行時間が判断材料の一つになっているようです。とは言え、走行時間が500時間を超えたものも売買されています。もう誰も買取ってくれないだろうと、諦めていた20年前のトラクターも大丈夫です。

日本の中古トラクターは海外でも評判です

新車のトラクターは乗用車並みの値段だと説明しましたが、中古トラクターも、機種によっては100万円を超えるものもあります。走行時間が400時間未満の場合、新品価格の半値以上で取引されることが多いようです。こうした買取の専門業者では、買取ったトラクターを国内で販売したり、海外に輸出しています。海外では日本の中古トラクターの評価が非常に高いからです。このように需要の高い市場ですので、買取に対する対応もとても親切です。日本全国どこへでも買取査定に来てくれます。売却代金もその場で現金支払いしてくれますので、安心です。壊れていても、動作確認ができないものでも買取ってくれます。業者で整備して販売するので問題はありません。型式や走行時間がわかれば、電話やメールなどで査定もできるようです。